アスカメライフ ♪ こどもといっしょ

日常や、家族、好きなものなどをデジタルカメラとフィルムカメラで気ままに撮っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こども写真の視点

ニコンカレッジで大和田良さんの
「子ども写真の視点」という題材の講義をきいてきました。

大和田さんのお子さんの写真を沢山見れて
楽しかったです。
やっぱり1枚1枚光をすごく意識してるんだなぁと感じました。

それから、こども写真はイベントとかの
クライマックスの前後を撮ることを勧めていました。
あとは、いろんな写真家さんが言うけど、
沢山撮ること!

あと、他のプロのカメラマンさんからも聞いたことがあったけど
大和田さんも薄曇りの日の撮影が好きとのお話がありました。
光の回り方が優しくなるからだそうです。
確かに、強い日差しは影も濃いし強い写真になりますよね。

わたしも光は気にしたいと思っているけど、
もっときちんと捉えられるように沢山撮りたいなー。





そして先日のバザーの時に
イベントのクライマックスの後の何気ない娘を撮ってみました(笑)

バザーの輪投げゲームで参加賞のお菓子をもらって食べているところ。
201202 (1 - 1)-251


写真の話しを聞くのはほんと楽しい!


また楽しそうなのがあったら行きたいです。



スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。