アスカメライフ ♪ こどもといっしょ

日常や、家族、好きなものなどをデジタルカメラとフィルムカメラで気ままに撮っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2眼レフカメラ

義父の2眼レフを借りてきました。

ミノルタフレックスⅢです。

DSC_0984.jpg

『ミノルタフレックス3型(Minoltaflex III)は、国産初の二眼レフを製造した千代田光学(ミノルタ)のフラッグシップ機。
1954年発売であり、大口径レンズ搭載のオリンパスフレックスや、フルオートマット機構を装備したマミヤフレックス・オートマットAなどの高級機とほぼ同額で販売されたカメラ』・・・・とのことです。


2眼なんて生まれて初めてなので

操作も何もかもわかりません。


まず、電池を入れるところがないのに驚きました!!!

今、使ってるカメラは とりあえず電池は入れる形式のもの。

完全に フルマニュアル!!です。


でも、2年前の私なら 全くわからなかったであろうこのBOX。

ちょっと触ってみたら とりあえず 絞りとSSのレバー、あとピントだけはわかりました。


で、でも!!!

肝心のシャッターはどこ????

巻き上げは??


ファインダーを(上から覗く窓)覗いたら 左右が反転してるしーーー!!



・・・・ということで

やっぱり こんなときに頼れるのが

キタムラのお兄さん!!!

そして、

無事 全ての操作を教えてもらい (といっても、操作的には単純です)

フィルムも装着して来ました。


それから、こうなってくると 必要なのが露出計ですよね。

iphoneのアプリでもあるし、小さな露出計を買ってもいいけど

キタムラのお兄さんに相談したら GRDⅣで十分過ぎるほど代用できるというので
やり方まで教えてもらいました。



あとは、『撮れているといいなー』と思いながら 撮ってみます。

でもでも!!

上から下に 押すタイプのシャッターではないので 今5枚ほど撮ってみたけど
全然撮れている実感がありません!!

大丈夫かなぁ・・・・・。


2眼レフの写真が今後公開されなかったら 撮れなかった・・・と思ってください。(笑)









スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。